女性の悩みの中で上位に入るムダ毛処理。
ムダ毛が濃くても薄くても悩んでいる女性が多いのは、男性は女性は”毛”がないと思っている、ツルツルだと思っている男性が少なくないからです。

ワキ毛、足の毛、腕の毛、指毛、背中の毛、お腹周りの毛、アソコの毛…
人に見られるところ、大切な人にしか見られないところ、ムダ毛の悩みは深いのです。

オススメしないけど自己処理の方法

最初に”オススメしない”なんて書いたら読む気がなくなると思いますが、応急処置としては自己処理しかありませんので書いておきます。

カミソリで毛を剃る方法

この方法でムダ毛処理している女性が最も多いのは手軽で簡単、コストもさほどかからないから。
デメリットは、肌へのダメージが特に大きいと言われている方法です。

電気シェーバーやトリマーというペンタイプの美容機器もありますので、電気シェーバーで広範囲を剃ると肌への負担が少ないです。ただ深剃りが出来ないのが難点。
トリマーというペンタイプの美容機器は、刃は小さなバリカンのようになっていますが剛毛な部分に使うのではなく産毛などの細い毛に向いているので、ワキや腕、足など目立つ部分には使えないのが難点。

ということでカミソリで毛を剃るという方法を安易に取ってしまうという傾向にあります。

毛を抜く方法でムダ毛処理

毛抜きを使うと抜いた毛がしばらく生えてこないというメリットがあるためカミソリ処理と併用している女性も多くいます。
カミソリ処理だとすぐに毛が生えてきてしまうのですが、抜いた毛は生えてこないというメリットがあります。
ただ、毛穴へのダメージが非常に大きいのがデメリットです。

ワックスや脱毛テープ、電動毛抜きなどがありますが、ワックスは広範囲の毛を一度に抜くことができて一見便利そうですが、毛穴だけでなく皮膚にも大きな負担がかかるのが難点。痛みもありますしね。
電動毛抜きは、毛をスピーディに抜いてくれる美容機器ですが、毛穴のトラブルが非常に多く埋もれ毛ができやすいのが難点。こちらも痛みがあるので…気を付けて。

ということで、手間はかかるもののコスパも手軽さもあって毛抜きを使う女性も一定数います。
大抵、カミソリ処理と併用しているのですが、実は毛を抜く行為が一番肌老化を促すとされています。
やりすぎには注意が必要です。

毛を焼切る方法でムダ毛処理

熱線式の除毛器は肌の上を滑らせると熱線が毛を焼切るという美容機器です。
毛先が丸くチクチクしないというメリットがある反面、火傷の心配があるので取扱い注意が必要です。

他にもヒートカッターという似たようなものもありますが、こちらはVライン(ビキニライン)のはみ出しを熱線でカットするタイプのもので使える部位がビキニラインだけというのがデメリットです。

ということで、この方法を使ってムダ毛処理をする女性は少数派と言えるでしょう。

薬剤を使う方法でムダ毛処理

除毛剤を使って毛を溶かす方法です。ムダ毛はキレイに処理できますが肌に大きな負担がかかるのはデメリットです。
特に肌が弱い女性の場合は使えない人もいますので、使う前にパッチテストをおすすめします。

脱色剤や抑毛剤を使う方法もあります。脱色剤は毛の色を抜いて薄くする薬剤です。ムダ毛がなくなるわけではなく色で誤魔化すということもあってメリットが少ないし、毛が伸びると根元が黒くなって目立ってくるし、肌への負担が非常に大きいというのが難点。
抑毛剤は毛の成長を緩やかにしたり、毛を細くすることができます。肌に負担がかかるどころか肌がツルツルになるということもあって一定の支持層がいます。
デメリットは効果が出るまでにかなり時間がかかること、効果が出なければ費用もかさんでくることが難点です。

ということもあって、薬剤を使う方法でムダ毛処理をしている女性は少数派であることが分かります。

間違ったムダ毛の自己処理はトラブルに発展しやすい

間違ったムダ毛の自己処理は肌トラブルに発展しやすく、気づいた時は取り返しがつかないくらい肌がボロボロになっていることがあります。
肌がガサガサになっていたり、色素沈着してたり、毛穴が黒ずんでいたり、埋没毛になっていたり…こうなるとすぐに元には戻りませんし、見た目が汚い。
取り返しのつかない場合もあるので、ムダ毛の自己処理後は、アフターケアをしっかりやって肌の乾燥を防ぐなどひと手間かけてあげることが大切になってきます。

ムダ毛処理忘れを気づかれると恥ずかしい

ムダ毛をきちんと処理することが女性のマナーのようになっていて、特に女性のワキ毛は処理されていないと同性からも不快に感じるという人も少なくありません。
男性はもっと女性のムダ毛を見ているし、女性はムダ毛がないと思っている勘違い男もいるくらいですから厄介です。

油断していたり、処理をし忘れてしまうと恥ずかしい思いをすることもあるのでこまめにお手入れをしましょう。

ムダ毛処理をキレイにしようとすると意外と費用がかかる

ムダ毛処理をキレイにいようとすると意外と費用がかかります。
ワキ毛くらいならレーザー治療で3万円くらい。エステだともっと安いですがエステの場合は止めると徐々にムダ毛が生えてきます。
ということもあって、どうせ処理するならレーザー治療をおすすめします。

レーザー治療はムダ毛がほぼ生えてこなくなる反面、費用がかなり掛かってしまうというデメリットがあります。
両足のひざ下をレーザーで脱毛しようとすると10万円くらいかかってしまいます。しかし10年経っても目立った黒くて太いムダ毛はほぼ生えてきません。

本気でムダ毛処理するならレーザーで脱毛した方がいいですが、自己処理でも意外とお金がかかることを知っておいた方がいいでしょう。

1回1回の費用は微々たるものですが、何年もムダ毛の自己処理を行っていると意外と費用がかさんできます。
ちょっと計算してみたので、費用が最も「安い」とされているカミソリ処理を例に出してみます。
1個200円のカミソリの替刃を2週間後とに交換すると、30年で替刃だけで15万6千円です。

その他にもアフターローションやシェービング剤も併せると…もっと費用がかさんできます。

脱毛でムダ毛が生えてこないようにする女性が増えている

自己処理で費用が安いと思っても、ずっと自己処理することを考えると費用がかさんでしまう。
この計算をしている人って少ないんですよね。

だから最近では脱毛をする女性が増えてきています。
エステが格安脱毛のコースやお試しコースがあるのも頷けます。

エステだと長く通い毛を徐々に薄くしていく光脱毛が多いので痛みは感じませんが、その代わり時間もかかり毛の量によっては満足いく結果になるまでに2年くらいかかる人もいます。
料金は安くても時間がかかりすぎて途中で止めてしまう女性もいるので慎重に選ぶことをおすすめします。

その点、医療用レーザー脱毛は確実に毛を処理できます。
10年経ってもほぼ生えてこないことを考えると、毛根にダメージを与えるので新しく毛が生えてくることもほぼありません。
費用がかかるので躊躇する女性も多いですが、長い目で見たらレーザー脱毛の方が安上がりだった!なんて声もありますのでおすすめです。

みんなはどこを処理していると思う?

ムダ毛を処理する部位は人によってさまざまですが、、、割合が最も多いのがダントツで「ワキ」です。
次に「脚」、そして「腕」と言ったところ。

最近急上昇中なのが「アンダーヘア」です。アンダーヘアを処理することが当たりまえになってきたので増えてきているようです。
Vラインは当たり前、Iライン、Oラインまで完璧に処理する女性も増えてきました。

「顔(特に口周り)」も処理する女性が比較的多くなってます。

「手足の指」「胸」「お腹」「背中や腰」は上記の部位に比べると少数派ですが、それでも処理する女性は結構います。

一度どこかを脱毛すると、そのツルツル感と無毛な部分がキレイで脱毛していない部位が剛毛に見えたり、汚く見えてしまう。
その為、一度脱毛した女性はあそこもここもって脱毛したくなっちゃうんのです。

まずは一部位だけやってみて、結果に満足できたらやりたいところ、目立つムダ毛の部位から少しずつやって行くということもできますので、まずはワキから脱毛を始めてみてはいかがでしょう。
両脇の脱毛が終わると、毛がない事が楽だし気にしなくなってストレスがスーッと抜けていくのを感じられます。

脱毛経験者から言わせていただくと両脇からの脱毛がお薦めです^^

ムダ毛処理まとめ

ムダ毛処理は自己処理だとお金がかからないようですが、ずっとムダ毛することを考えると意外と費用がかさんでいることがわかる。
その間、毎日のようにムダ毛を気にしなくちゃいけなくなるのでストレスを抱えながらということを考えるとコスパは悪いです。

本気でムダ毛をなくしたいという女性は、レーザー脱毛かエステで光脱毛を検討して美容外科かエステ通いをおすすめします。
初めての方もカウンセリングを受けて、納得してからまずは両脇の脱毛を体験してみてはいかがでしょう。
両脇は範囲が狭い方だし、費用も比較的安くて済むし、最も人に見られたくない部位だから満足度が高いんです。

ムダ毛処理に悩んでいてもムダ毛はなくならないので、どこかで思い切った選択も必要なのです。
満足することはあっても後悔することはないと思いますよ。


[PR]ロスミンローヤル 買うならちょっと待った!|超お得な購入方法