VIOラインの脱毛は、最近とても話題になっていますよね?

普段は他人に見えるところではないですが、
ムダ毛の処理をしていつも綺麗にしている方が増えています。

VIOラインの脱毛をするには、エステやクリニックで施術してもらう、
自宅にて自分で脱毛する、というようにいろいろと方法があります。

それぞれ、メリットとデメリットがありますので、
ご紹介しますね。

エステでのVIOラインの脱毛のメリット・デメリット

メリット

エステで行ってくれる脱毛方法は、光脱毛です。

脱毛効果は高いです。

比較的安い価格で行うことが出来るので、
エステでのVIOライン脱毛を選んでいる方は多いです。

デメリット

VIOラインの脱毛は、デリケートゾーンを他人に見せるので
多少ならずとも恥ずかしい思いをします。

慣れると気にならなくなるかもしれませんが、
通い始めの頃は痛みよりも恥ずかしさが勝る方もいるようです。

皮膚が薄いため、他の部分よりも痛みを感じます。

脱毛効果をしっかりと実感するまで、他の部分よりも
時間がかかりますので、完了まで2年くらいかかることもあります。

クリニックでのVIOラインの脱毛のメリット・デメリット

メリット

クリニックでの脱毛方法は、レーザー脱毛です。

永久脱毛することが出来ますので、
光脱毛と比べても、さらに効果が高いと言えます。

完了すると、自己処理が不要になるのでとても楽になります。

初回から効果を実感することが多いです。

効果が高い方法なので、通う回数も少ないです。

デメリット

光脱毛と同じように、施術してもらう時に恥ずかしい思いを
するかもしれません。

光脱毛と比べると、価格が高めです。

痛みも強いので、耐えられない時は麻酔を行うことが出来ますが、
麻酔の料金は追加されます。

自宅でVIOラインの脱毛のメリット・デメリット

メリット

家庭用脱毛器などを使用して行うので、
誰にも見られることがなく好きな時に出来、気が楽です。

一度購入すると、何年も使うことが出来ますし、
VIOラインだけではなく使うことが出来て、便利です。

デメリット

正しく行うことが出来れば問題ないですが、
VIOラインはデリケートゾーンのため、皮膚も弱く、
痛みを強く感じやすいです。

無理に行ってしまうと、傷を付けてしまったり、
傷口からバイ菌が入ってしまうこともあるので、
十分に気を付けて行わなくてはいけません。

エステやクリニックで使用している機器とは違いますので、
効果はあまり高いとは言えません。

頻繁に行わなくてはいけないので、
途中で面倒になってやめてしまう方もいるようです。