ムダ毛が気になった時、あなたはどうやって処理をしていますか?

気になる場所にもよると思いますが、
抜くことが多い方もいることでしょう。

ムダ毛を抜くという処理方法は、肌にどんな影響を与えるのでしょう?

ムダ毛の処理方法の種類

ムダ毛の処理方法として挙げられる主なものをご紹介します。

・カミソリで剃る

・電気シェーバーで剃る

・脱色する

・毛抜きで抜く

・エステサロンなどで脱毛してもらう

すぐにでも行えるものから、
価格の問題から気軽に始められないものまで、いろいろあります。

 

ムダ毛を抜くという処理方法

簡単なので、ムダ毛を毛抜きで抜いている方も多いと思います。

特に脇毛などが多いでしょうか?

鏡を見ながらなんとなく抜いているという方が
たくさんいるとは思いますが、このムダ毛を抜くという処理方法は
行っても良いものなのでしょうか?

実は、あまりおすすめ出来ないムダ毛の処理方法の1つです。

 

ムダ毛を抜く処理方法のデメリット

ムダ毛を抜く処理方法は、毛抜きさえあれば出来るので
とても簡単なのですが、デメリットもあります。

ムダ毛を抜くことで毛穴に炎症が起きる

何気なく抜いていると思いますが、次に毛が生える時に
ふさがっていた毛穴を突き破るように生えてきて、
この時に毛抜きについていたバイ菌に感染してしまい、
炎症を起こしてしまうのです。

刺激で肌がかゆくなる

ムダ毛を抜くときに痛いと感じる時もあると思いますが、
この刺激が少し経つとかゆみに変わってしまうこともあります。

無意識にかきむしって出血することもあります。

毛穴が目立つようになる、汚くなる

抜くということはとても肌にダメージを与えることなので
繰り返していると毛穴が目立つようになったり、汚くなります。

埋没毛になる

ムダ毛を抜いた後にふさがってしまった毛穴を
また毛が生えてこようとした時に突き破ることが出来ず、
皮膚の中でそのまま成長してしまう。

毛穴の中でムダ毛が成長するということは、
黒っぽく見えるので、見た目も汚くなり、とても気になります。

デコボコ肌になる

抜くことを繰り返して炎症を起こしてしまった毛穴は
もっと症状が重くなって化膿してしまうと、
肌がデコボコになってしまいます。

 

ムダ毛を抜くのは避けた方が良い

ムダ毛を抜くという処理方法は簡単に出来るのですが、
デメリットがとても多いので出来れば避けたい方法です。

抜くというよりは剃る方が良いですし、
さらに肌のことを考えるのであれば、
エステやレーザーで脱毛する、という方法も考えた方が良いですね。

また、毛抜きを使う行為は肌を最も老化させるとされています。
お肌の状態も悪くなるし、老化するって聞くと毛抜きはよほどのことがない限り使わない方が良いムダ毛処理方法であることが分かります。